◆剣の街の異邦人 黒の迷宮の記事 (1/4)

ゲーム買ったよ!&剣の街の異邦人と新釈の違い

hoka32.jpg

Amazonから小説付の『新釈・剣の街の異邦人』が届きました。
結構しっかりした厚みになるとは言われていましたが…。
本当に普通の小説1冊分の厚みがありますね。
まだパラ見しかしていないのですが、キョウが理想と違いそうです。
私はもっとドロドロした感情をキョウに求めているみたいです。
作者のベニー松山さんの方が純粋なんだろうな、私よりも!

発売日にやっと公式サイトが更新されましたが、肝心の変更点がまとめられていません。
気になって、この場末のブログに来ている方もいらっしゃるみたいですので…。
ちょっと情報をかき集めてまとめてみました。
ゲームサイトの記事と、生放送の情報が主です。
生放送、とばしとばし見たので、もっと情報があるかもしれません。
あまりに内容がグダグダで、ちゃんと見るの面倒でして…。

公式でまとめたものが出てきたら、消すと思います。
尚、発売前情報のみとなりますので、それ以降のアプデには当てはまりません。

『剣の街の異邦人』から『新釈・剣の街の異邦人』への変更点

★操作キャラクター・NPC関係の変更点

■新職業追加&転職など
・クロッカー(場の時間を支配する)
・人形使い(敵に暗示をかけることが出来る)
・フリーマン(ギルド常駐クラス)
・転職回数制限の廃止(転職で半分になるのは変更無し)
・新装備アイテム
・装備品の強化
・成長アイテム追加(経験値が貰える)
・新しい素性の追加(キャラメイク時)

■新戦闘システム追加
・ガードカウンター

■新ポートレート追加
・新規クラスをイメージしたポートレート6種

■新キャラ追加
・円卓の生徒のエルサがシナリオに絡んでくる

■魂の救済イベント追加
・キョウとアンナのシナリオが追加。クリア後攻略可能。ED変化(中立)
・他にも追加イベント有り?(おそらくクリア後)

■ステータス&スキル
・各特性値を99まで上げることが可能
・特性値、敵レベル上限上昇タイミング変更
・スキルスロット拡張の調整(アイテム)
・既存スキルの調整と既存クラスの新スキル追加
・既存スペルの調整
・神気スキルの調整、再選択コマンドの追加(ヤッター!)


★戦闘・ダンジョン関係の変更点

■新規状態異常の追加
・呪い 等
・既存状態異常の調整
・敵への状態異常エフェクト表示

■討伐チャレンジ追加
・目標レベル内で血統種撃破

■追加ダンジョン(クリア後)
・ポイニーベテル
・境界線上の廟
・他1つ
・周回しないで他ルートのエンディングが見れるようになった。
(↑の追加ダンジョンクリアが条件。ポイニーベテルが光、境界線上の廟が中立)
・魂の救済イベントは元の世界に戻る必要あり(中立ルート)

■敵の変更点
・敵スキル追加(見切り、フェイント等)
・エネミー行動パターン調整
・敵のエンカウント率、固定敵復活条件変更
・奇襲イベントの追加
・連続戦闘ポイントの追加
・血統種魔石リスポン仕様の変更
・通常敵からも宝箱ドロップ

■改良点&追加
・バフ、デバフの上限値設定
・戦闘再チャレンジ「光の玉」システムの追加
・迷宮内罠の調整
・氷の廟でのスキル使用制限の調整(禁止→ダメージへ)
・長しえの箱舟スイッチギミックの調整(一度ダンジョンを出ても継続)
・嵐の廟の「蝶」のみが出現する場所の待ち伏せポイントを調整
・戦闘中のアイテム鑑定の追加
・待ち伏せの士気を調整


★システム・その他の変更点

■改良
・商品在庫の復活&売却アイテムの陳列
・自動移動システムの改良
・周回要素廃止
・ダンジョンや戦闘スキル、拠点の改良
・難易度「ビギナー」追加
・ランキング項目の変更
・トロフィー項目の変更
・UIの向上

生放送で、変更点他20点とありました。
その20点が何なのかは分かりません。
まだまだ違いがありそうです。

と、まとめてみましたが分かりにくいですね。
あとはやってのお楽しみですわ。
個人的には神気スキルの『再選択コマンドの追加』が気になります。
一度選んでも、選びなおせるってことなら大歓迎です。


現状ですが、セツナは本編クリア済みなので次のゲームへ。
『アーシャのアトリエ』始めました。
トロフィーの為にHARDで。
アトリエ初プレイなんですが、大丈夫でしょうか…。
まだ序盤ですが、アーシャ可愛いな。
スポンサーサイト

剣の街の異邦人(16)(終):トロフィーコンプリート!

人の欲望が世界を変革する王道ファンタジーDRPG。

剣の街の異邦人のプレイ日記です。ネタバレ注意。

turugi106.jpg

2015/5/21に開始、2016/3/18にトロコン。
途中難易度事件がありましたが、大体1年弱ぐらい。
間にいくつかクリアしているので、放置期間が長かったせいもあります。

残っていたトロフィーは、黒の宮殿の待ち伏せポイントで集めました。
ここには最後の純血晶を持つ純血種デュオバロックがいるのですが、なかなか出ず。
スプリガン系の敵を沢山討伐すれば出るらしいので、待ち伏せで倒しまくりました。
後方に下がる事が無かったのですが、いつも通りの戦い方で倒せました。

これで純血晶が揃い、最後の神気スキル『神の奇跡』を獲得。
おそらくこれがあった方が、黒の宮殿のボスは楽だったと思います。
魔法無効とか神の奇跡すぎる。

では総評というか感想を。

■シナリオ

turugi108.jpg

最後までやって、初めて面白かったと思えるストーリーでした。
主人公の正体が何であるかが分かった時に、異世界に来た理由がはっきりしました。
それが判明するのが終盤『長しえの箱舟』なので、ちょっと遅い。
ストーリー重視の人で途中でやめてしまう人がいるとしたら、この辺が原因じゃないかなと思います。
存在理由が分からないまま、勢力抗争や戦闘に巻き込まれているわけですから。

ただ、つまらないわけではありません。
むしろ後半に向けてどんどん楽しくなっていきました。
中立、闇、光を分かれていますが、本当はこの世界には闇しかありません。
それぞれが自分の欲を満たす為に、相手を消すことを厭わない世界です。
異邦人の魂を集めるために、飛行機を墜落させているのもこの世界の意志なんでしょう。
最後の門のくだりからマリリスが最有力だと思いますが…。

考えれば考えるほど、もしかしてアレは…となってしまいます。
複線が回収されていないからかもしれませんが、ある意味考えさせられるストーリーなのかも。
この世には完璧な善人なんていないっていう。

■戦闘

生半可な状態で戦うと死ぬよ!というのが前提です。
ちゃんと装備を整えて、レベルを上げて初めて奥へ進むことが出来ます。
それでも強敵に出会ってリセットすることも何回もありました。
このバランスが面白いという人と、辛い苦しいという人と分かれると思います。
DRPGに慣れている人や、コツコツやる人は楽しめるんだろうな。
どうしても倒せない、苦手という人は難易度を変更すればいいと思うよ!

一番大事なのは神気スキルをどう選択していくか、ですね。
雑魚戦に強くても、ボス戦で役に立たなければ意味がありません。
攻略Wikiもありますので、ちゃんと考えて取得していった方が良いです。

■キャラクター

turugi109.jpg

キョウとドランサーク。
この2人が居たから、最後まで楽しかったです。
もしこの世界に光があるとしたら、ドランサークだと思います。
ドランサーク個人だけではなく、彼らがですけどね。
魂は闇に染まることなく、蝶の姿で光を放つとか、そんな感じ。

turugi110.jpg

プレイ日記中、終始この2人のことばかり書いていた気がしますが。
アルムもマリリスも一筋縄ではいきませんが、良いところも沢山ありました。
サポートするアンナ、ヘルガも。
ただレインだけは最後まで苦手でした。

戦闘キャラは最初から最後まで同じメンバーでした。
愛着があって、変更することが出来ず。
サブを作った方が良いというアドバイスに耳を傾けず。スマヌ…。
この辺は自分らしいなぁと思いますね。

ちなみにどちらの方が好きかといえば、キョウの方が好きでした。
だから本当は救ってあげたかったんだよね…。


以上、ざっと感想を書いてみました。
プレイ日記内に言いたい事を沢山書いたので、ペラペラですけども。
私にとって初めてのダンジョンRPGです。
マッピングは勝手にしてくれるので、道に迷うことはありません。
ダンジョンRPGといっても、普通のRPGと同じような感覚でした。
どんなゲームでもダンジョン内の道は覚えなきゃならないし。
地図がある分親切だなと。

慣れている人を除いて、このバランスを緩いと感じる人はいないと思います。
かなりがっつりやるタイプのゲームです。
私は早くストーリーの続きが知りたい人なので、結構きつかったです。
また転職してから以前と同じ職業に戻った時にレベルが普通に半分になるのが辛い。
そこまでは前に極めたから、続きで良いじゃない!と思っていました。
大きな不満点といえば、それぐらいなんですけどね。
音楽はすごく良かったです。

トロフィーに関しては、そんなに難しくはありません。
ストーリークリアさえ出来れば。
裏ボス、アイテム集めをちょっと頑張れば良いだけです。
裏ボスまで行く頃には血統種の再討伐回数も20回を超えているはず。
蝶の巣はWikiなどを見て、場所を確認して何度も通います。
雪と森の廟の魔石から、3か所をめぐるのが効率が良かったです。

クリア後の追加要素。
次元の歪みは1戦で終了にしました。
アイテム集めもあまり興味がないですし。
ゲームで重点を置いているのは、ストーリーのなのです。

無理かと思ったトロコンも出来たし。
ストーリーもちゃんと理解していくと、興味深い内容でした。
万人向けとはいきませんが、ファンタジーの世界に没頭したい方は是非。

ところでVita版1.5の開発が進んでいる?みたいです。
もしかしたら、アンナとキョウが救済出来るかも?とのこと。
マジかよ!
今後また発表されていくと思いますので、楽しみに待とうと思います。
キョウが救えるならドランサークも救えるようにしてくれるよね。
彼が救われないとキョウは救われないからね。
ただ絵柄の変更もあるみたいで、そこは選択できるようにしてほしい。
元のままやりたい。

turugi111.jpg

トロコンまでの時間。
約92時間+リセット10時間前後?で約100時間ぐらいです。
デジモンサイスル、ケイオスリングスⅢと同じぐらいですね。

最後にPVを見返していましたが…。



これ、キョウの演出最高じゃないですか。
ドランサークもすごく格好良い。

以上で剣の街の異邦人の感想は一度終了です。
1.5が出たら、続き書くかもしれません。


剣の街の異邦人(15):裏ボス3連戦+α

最後の大勝負です。

剣の街の異邦人のプレイ日記です。ネタバレ注意。

クリア後の追加ダンジョン黒の宮殿はルートはすごく単純です。
碑石のある階層には待ち伏せポイントが4箇所あり、そこで装備品等を集めると良いとのこと。
ここでトロフィーの条件になっているアイテムを集めようと思いましたが…。

このダンジョンのボスはプレイヤーレベルに応じて、レベルアップするらしい。
それならアイテム集めは後にして、ボスを優先した方がいいかもしれない。
ビギナーのままなので、そうそう苦労もしないだろうと。
あと、ここで手に入る装備品、パラメーターの数値が足りなくて装備出来ないのばかりだし。

長しえの箱舟に行った時と同じような装備で、ボスにむかいました。
奥へ進むと、老人が待っています。
しばし時間をくれと、先に魔物を放ってきます。

turugi99.jpg

最初はエルダーワイバーン。
僕(ぼく)って何言ってるの、おじいちゃん。
と思いましたが、僕(しもべ)でしたね。
どうでも良いけど、ふふぇふぇふぇの最初のふふぇの発音が気になる。

turugi100.jpg

続けてゲオルギウス。
ストーリーではキョウと一緒に出てきた魔物です。
強化版のようですが、キョウが居ないので1体に集中して攻撃が出来ます。

turugi101.jpg

最後にルキフェイブ。
ここで老人と最後の戦いになります。
この立ち位置が老人じゃなくて青年や美女だったら違う方面にも人気が出そう。
あえて老人なのが良いのですけども。

ここで一度連戦が終わります。
攻略めいたことは書けませんが(難易度的に)、基本は光のヴェール。
精霊の壁&聖なる光&剣の絆を臨機応変に。
マルチアボイドで99まで上げ、攻撃が当たるようになるまでスロー。
あとは強化したり攻撃したりしていれば倒せます。
ただフォースガードをかけ忘れると、ものすごく後悔しますのでご注意。
常駐のも消えてしまいますし。
それをルキフェイブでやってしまったので、かなり危険でした。
どうにか立て直して、無事に1回で倒せましたが…。
3戦目で良かった。

連戦は終わりますが、黒の宮殿から出る事は出来ません。
ここで回復して、少し奥へ進むとボス戦になります。

turugi102.jpg

私は全く思っていませんでしたよ。
でもこれも運命みたいなので、戦います。

turugi103.jpg

ドランサークはクエーサーαに姿を変えます。
格好良すぎて何も言えないさ…。
この一言も格好良いし、デザインも格好良いし。
核が蝶なのも、ドランサークらしいなと。

turugi104.jpg

倒した老人は消えてしまいましたが、ドランサークは倒してもそんな消え方はしません。
ちゃんと意識のある状態で戻ってきます。
良かった。
もし自分が倒して消滅したら、最後の最後でVitaを床に叩きつけるところでした。

これでペイデの試練も終了。
裏ボス撃破のトロフィー「竜の神に選ばれし者」も獲得。

turugi105.jpg

ドランサークと異邦人の魂は眠りにつきました。
これで黒の宮殿クリアになります。

あとは追加要素で、次元の歪みのダンジョンがあるのですが。
1か所行ってボスを倒してみましたが、特にストーリーらしきものは無いみたいです。
それなら残っているトロフィーを集めて終わりにしよう。
あとはアイテムを集めるものが4つ残っています。

次回で剣の街の異邦人のプレイ日記ラストになります。

剣の街の異邦人(14):異世界の異世界

クリア後に行けるようになった黒の宮殿です。

剣の街の異邦人のプレイ日記です。ネタバレ注意。

元の世界に戻ってやれやれと思っていた矢先に、異世界に飛ばされます。
一緒に戦ってきた仲間も一緒です。

turugi94.jpg

この世界は夢のようなもので、リウの中にいる大いなる存在が作り上げた物。
大いなる存在は、中立の神、ドラゴンの王ペイデです。
中立の神といえば、ルキフェルの魂を引き裂いて老人と主人公に分けた張本人ですね。
その魂の負の連鎖を断ち切るために作り上げた空間とでも言いましょうか。
その為には黒の宮殿に行って、試練を受けなければならないと。
ペイデ自分でやっておいて、図々しい奴だな。

また、ここでいつものフィールドに出る事が出来ます。
今まで行っていたダンジョンにも行けます。
純血晶を集めてリウに渡すと、黄金の砂時計が貰えます。
これは周回プレイに必要なものです。
私は使いませんけどね。

とりあえずギルドに戻って準備を整えなければ、とギルドに戻ります。
セーブもしたいし。

turugi95.jpg

!!
ペイデグッジョブ!!!
あぁああもう一度会えるとは思っていなかったので、嬉しいです。
しかも善人面してるときのキョウですよ。
実はトウジにアレした後なのかもしれませんが、まぁいいさ。
ここでの会話がまた良くて、キョウをこんなに気に入っていたのかとびっくり。

turugi96.jpg

もちろんアンナもいます。
夢の中でしか会えないっていうのが、ちょっと悲しいですね。

turugi97.jpg

マリリスやアルムもあの戦いの前みたいに親しくしてくれます。
こういったエンディングのルートがあったら良かったのになぁ…。
超ハッピーエンドみたいな。

よし、黒の宮殿へ行ってみよう。
きっとあの人も復活しているはず!

turugi98.jpg

…ペイデちょっとこっち来い。

リウいわく、これが『ねじれ』なんだそうです。
ルキフェルが干渉して都合よく作りかえたので、現実とは違う歪みだという。
当たり前だ!
ルキフェル許さん!老人許さん!!

黒の迷宮の試練はボス3連戦とドランサークとの戦闘になります。
次回に続きます。

剣の街の異邦人(13):メインストーリークリア!

レベルに余裕があるって楽しいなぁ!

剣の街の異邦人のプレイ日記です。ネタバレ注意。

エンディングまっしぐらです。

EDとそれにかかわる部分ですので、一応畳んでおきます。
[ 続きを読む » ]