◆プリンス・オブ・ストライドの記事 (1/2)

プリスト(8):EXエピソード&プラチナゲット&総評

全クリアしてもプラチナ貰えないなと思ったら、ポイントで解放しないといけなかった。

プリンスオブストライドのプレイ日記です。ネタバレ注意。

なるべくネタバレしないようにします。
そしてプレイ日記というよりも感想日記です。

EXTRAとして「REWARD」というモードがあるのですが、これを全て解放します。

「VOICE」はキャラクターボイスを聴くことが出来ます。
ゲーム内で使われていたのと同じかと。

「ART」は準備稿やラフを見ることが出来ます。
陸がレッド、尊がブルーなど面白いです。
ヒースはドリーマーって。

「SPECIAL」はそれぞれのエンディングムービーを見る事が出来ます。

「THEME」はEXエピソードとして他校やその後を見ることが出来ます。
こちらはゲームと違ってボイスは無いのですが、サブストーリーとなっていて楽しいです。

EXエピソードを見てから他校の感想を書いても良かったかなというぐらい。
大体、負け試合の後の話となっています。
椿町の話が一番含みのある感じでしたね。

EXエピソードを全てGETすると「REWARD COMPLETE」のトロフィーを貰えます。

これでプラチナトロフィーゲットです。
良いですね、ゲームを楽しむだけで貰えるの。
やり込みとかはありませんが、これだとすぐ次のゲームに移れます。

残っていた他校ピックアップ。
(画像は陸ルートのものです)

■西星学園

puri8.jpg

方南のライバルかつ、友情関係を築いていくチームです。
ストライド部の他にアイドル活動もしていて多忙です。
それでも方南と練習をしたり、会いに来たりするので多分皆好きになりますw
一緒に卓球したりもしますしね。

それぞれはルート別の感想でほとんど書いてしまいましたので特に書くことが無いのですが。
CDも発売されているようです。
オープニングを歌っているのも怜治役の宮野真守さんです。



さて総評。

■シナリオ

基本的な流れはそれぞれ同じで、個人に関わる部分だけ違うという感じ。
飽きる人は飽きてしまうかもしれません。
ただシーンスキップもありますし、試合前の会話は高速で流せますし。
試合も1周目でやった後は西星戦と最後の花京院戦以外はスキップ出来ます。
あとは途中セーブを使ってやれば、それほど苦にはなりませんでしたね。
1日ずつ選ぶのも特に辛いとも感じず、ゲームなのでこれぐらいは当然というか。

6人のうちで一番好きなシナリオは悩みに悩んで陸ですかね。
主人公の性格的にこれぐらい鈍くて最後にあれ?というのがぴったりでした。
それに陸が最初からすごく良い友達になってくれるので、距離感が良かったです。
悩んだもう片方は尊です。
尊の話は純粋にストライドをやる理由や速さを求める理由が中心だったので、まさにプリンスオブストライドといいますか。
この競技であることの意味が一番あった話だと感じました。

途中で攻略キャラがスキルを手に入れるのですが、必要だったかな。
最初ネタかと思いました。


■キャラクター

メイン以外では歩や莉子が沢山出番がありましたが、どちらも好きですね。
歩と穂積の漫才というか、掛け合いも楽しくて結構笑ってやっていました。
他にも所々笑っていたので、シナリオ、キャラクター共に自分に合っていたようです。

方南では陸と尊が特に好きですね。
シナリオが良かったのもありますが、性格が良い子達でねぇ。
方南はみんないい子なんですけどね。
第一印象は久我でしたが、性格が慈愛に満ち過ぎておりました。

最後に好きなキャラクターベスト5!

★第5位

puri15.jpg
黛遊馬(西星学園)

明るくて楽しくて、それでいて普通っぽい人。
このゲームで普通っぽくて特徴があるのは貴重だと思います。
2年生なのに先輩っぽくなくて、陸と仲良くなるというのも良いポジションでした。


★第4位

puri16.jpg
小日向穂積(方南学園)

シナリオも良かったのですが、兄弟の存在がちょっと苦手でした。
必要といえば必要だったけども。
だろうね、という感じだったのでありきたりだったかな。
穂積はメインルートよりも他のキャラの周りにいた時の方が好きなんだと思います。
歩との掛け合いは楽しくて、どのルートでもたのしませてもらいました。

★第3位

puri17.jpg
八神陸(方南学園)

少女漫画の相手役として、まさに王道!
自分の事と、主人公の事を一生懸命考えていて一途でしたね。
こんないい子いないよなってぐらい、いい子でした。

★第2位

puri18.jpg
藤原尊(方南学園)

陸も一途なんですが、尊はもっと一途でした。
昔の約束を覚えていて、ずっとストライドを続けていました。
だんだん笑顔が増えていくのも良かったです。

★第1位

puri19.jpg
千代松万太郎(西星学園)

万ちゃんです!
ちよまっつぁん!
何て言うか…どんどん癖になるんですよ、万ちゃんは。
語尾に「にゃ」が付くことも多いのですが、その辺は菊丸で慣れてます。
穂積ルートの感想で書きましたが、体力が無い事に理由があるのか分からなかったのは残念なんですが。
その辺は漫画で明らかにならないものか…。
でもその体力が無くてからかわれたりするのもまた良い。
ずば抜けて明るいけど優しくてしっかりしていて温かい、最高の先輩です!
万ちゃん&穂積&歩の掛け合いも大好きです。

と、いうわけで、自分でも驚きの結果になりました。
方南ではなく、攻略キャラでさえない万ちゃんが1位とは。
アニメで動いてしゃべったら、大喜びしそうですよ!
西星の漫画も連載開始していますので、コミックスが楽しみです。


これでゲームのプリストの感想は終わりです。
アニメの感想は気が向いたら書くかもしれません。
でも内容はきっとゲームと同じだと思うので…。
陸と尊がメインになるのかなと思っているのですが。
ただアニメ公式サイトのキャラクター紹介が方南、西星、三橋、一条館なんですよね。
一体どこをどうやるんだ…。



ゲームをクリアした後にみるOPやPVが好きです。
楽しかったな!



絵柄はともかくアニメも楽しみ!
ゲームやってからみるとなおさら楽しいと思います。
特にメインキャラ以外はやらないと分からないので。
万ちゃーん!

さて、年明けはやっとあのゲームを始めますよ!
スポンサーサイト

プリスト(7):藤原尊ルートクリア

青春です!

プリンスオブストライドのプレイ日記です。ネタバレ注意。

なるべくネタバレしないようにします。
そしてプレイ日記というよりも感想日記です。

puri14.jpg

最後に残しておいた藤原尊です!
残しておいて良かった!
他の人はわりと最初の印象から変わらずに、見た目通りの性格ですが。
尊はクールに見えて熱くて、素直で、優しい性格。
そしてちょっと頭が悪い所も良いし、ストライドバカなのもいいですね。

尊の話は自分が速さを求める理由と、親との関係が軸ですかね。
あと幼い時にした約束。
約束は3人のキャラが絡むので、広がりがあって面白かったです。
親はサラリとしたものです。
ただ速さの方は最後のレースの演出がとても良かったです。
最後の対戦相手は維田天でしたが、維田と怜治と尊でそれぞれ速さを求める理由が違う。
相手を否定することもなく、きちんと描かれていました。
尊ルートは甘さはあまり無いようで、少しずつちりばめられていて結構あったかも。

ストライクエンドは素直な尊が可愛かったです。
ノーマルエンドは部員みんなでワイワイですが、陸が不憫で可哀想で可愛かったです。
尊だけで考えるとストライクエンドの方が良いのですが、部で考えるとノーマルエンドの方が楽しかったです。
久我先輩も良い味だしてたし。

キャラごとの感想に他校1校ずつピックアップしていきます。
(画像は陸ルートのものです)

■花京院高校

puri7.jpg

方南、西星に続いて人気のありそうなチームです。
陸の兄の巴が在席しているチームで、主人公の父親がコーチをしています。
巴は他校生の中では一番因縁のある相手でした。
陸、ヒース、久我と絡んできますからね。
その巴よりも速いのが維田で、こちらは最速を目指す尊と対戦。
穂積も維田と走りますが、これは深い意味は無さそうです。

リレーショナーの夏凪はすごく良い人でした。
ただED前の演出で仏みたいに見えるのはどうにかして欲しかったですね。
高校生なのに悟りひらいたみたいな。
双子も漫画とかになれば面白い存在だと思いました。
なぜか片言で話していますが。



プリスト(6):小日向穂積ルートクリア

アニメがかなり楽しみになってきました。

プリンスオブストライドのプレイ日記です。ネタバレ注意。

なるべくネタバレしないようにします。
そしてプレイ日記というよりも感想日記です。

puri13.jpg

残り2人!
ほづみんこと小日向穂積は2年生の先輩で、眼鏡の門脇歩と仲良しです。
穏やかで優しい穂積ですが、話は結構重かった!
でも重い話をサラリと書くのがプリストなのか、サクッと進みましたね。
もっと悩んでも良いのですよ。

穂積の話は父親と自分の幸せが軸でした。
家族の為、自分の為。
自分が幸せになっても良いのか。
最初はただ優しい先輩でしたが、話が進むにつれ頼りがいのある先輩になります。

でもほづみんは可愛い。
そして絡んでくる西星学園の生徒は千代松万太郎です。
穂積&歩&万太郎のトリオ漫才が満載です。
穂積VS万太郎の際に体力が無い理由があるのかなと思いましたが、スルーですか!?
万ちゃんは穂積の事をかなり心配してくれて、ライバルながら良い先輩です。
歩も穂積が大好きだし、幸せになることを悩んでいた穂積が一番幸せっていうね。

ストライクエンドは仲良しキャッキャッな感じでした。
ノーマルエンドは穂積の兄弟や歩も交えてキャッキャッ。
どっちもすごくラブラブで「若いって怖い」by支倉ダイアン。

キャラごとの感想に他校1校ずつピックアップしていきます。
(画像は陸ルートのものです)

■椿町高校

puri6.jpg

ここもヤバいっすよ。
ヤバいのがいるっすよ。
というか、全員ヤバイっすよ。

もうね、颯田がヤバいんですよ。
尊と主人公にチャラく寄って来て、たっけりゅううん!って。
そして颯田と仲良しな閑野が君かわウィーね!で、ウザさ倍増です。
普段の部活大変だろうな、この学校。

あ、安堂は日本人だそうです。

プリスト(5):諏訪怜治ルートクリア

どさんこちゃんってなんだよ…。

プリンスオブストライドのプレイ日記です。ネタバレ注意。

なるべくネタバレしないようにします。
そしてプレイ日記というよりも感想日記です。

puri12.jpg

唯一の他校生、諏訪怜治!
由緒ある御家柄かつギャラクシー・スタンダードのメインボーカルかつ西星ストライド部の部長!
存在が王子様ってやつですね。
そして声が…!
声が宮野真守で電話の会話がやばいのなんのって。

怜治の話は遠距離であることと、立場の違いが軸だったような。
そんなに深くまで突き詰めていないので、半端な感じがしましたね。
もっと話が膨らみそうなんだけど、そうでもないっていうか。
そしてストライド部としては、チームの誰ともくっついていないので全員の信頼を平均的に得まして。
ある意味、ストライド部としてのベストエンドなのかもしれません。

怜治と静馬と遊馬は幼馴染なんですが、普段は「怜治様」と呼んでいる静馬が「怜治」と呼ぶのがワクッとしました。
この2人の関係がとても良いので、主人公は怜治とくっつかなくても良いかなと思うぐらい。
ギャラスタはストライド部の活動の一つみたいなものなので、引退後は次の代に引き継ぎになるのかな。
その辺りも描かれていないのは残念でした。

怜治はストライクエンドしかありません。
でもノーマルエンドとストライクエンドを足したような内容になっています。
方南と西星がワイワイしているのは楽しいなぁ。

キャラごとの感想に他校1校ずつピックアップしていきます。
(画像は陸ルートのものです)

■市場高校

puri4.jpg

リレーショナーが先輩に暑苦しいから近づかないでとか言っていたような…。
取り立てて目立つ所もなければ、絡んでくるキャラクターも居ませんね。
これが普通なんだけど、他のチームがヤバいので記憶が…。
人気のあるキャラクターはいるのでしょうか。
どうなんでしょうか。

プリスト(4):支倉ヒースルートクリア

キングを見ていると驚いて身体を細くするフクロウを思い出す。

プリンスオブストライドのプレイ日記です。ネタバレ注意。

なるべくネタバレしないようにします。
そしてプレイ日記というよりも感想日記です。

puri11.jpg

3年生部長で、体力のある先輩です。
2人の姉のうち一人は社長で、方南チームのスポンサーになってもらいます。
ハーフで格好良くてモデルをこなすヒース。
髪を下すと印象が変わって、一応格好良いです。
そんなに好みなキャラじゃないので、ささーとやってしまいましたが。

ヒースの話は恭介の起こした事件に関する事と、足のケガが軸です。
ヒースも最後は巴と走ります。
もー、巴どんだけ色々抱えているの。
巴と恭介とヒースでゴールデントリオと呼ばれていましたが、実力の2人に比べてヒースは努力の人ですね。
そのせいで怪我をしてしまい、ずっと悩んでいました。

本当に良い先輩という感じで、甘さはゼロに近かったですね。
先輩&後輩、選手&リレーショナー、スポンサーの身内&モデルという関係から抜け出せ無い感じ。
今のところ一番純情っぽかったですよ、ヒース先輩!
そして西星学園の妹尾が絡んできます。
やっぱりそうなのかー。
でも仲良しとかではなくて、足のケガに気が付いた妹尾をイラつかせているような。

エンディングは断然ノーマルエンドが好きですね。
ヒースルートの中で一番甘かったのがこのエンドっていう。
ストライクエンドはストライクっていうには物足りない感じでした。

キャラごとの感想に他校1校ずつピックアップしていきます。
(画像は陸ルートのものです)

■一条館高校

puri5.jpg

姫宮悠季を姫と呼び、彼の為に結成されたかのようなチーム。
怖い…ある意味すごく怖いよ…。
姫宮はもちろん男子高校生で、ストライドの選手です。
姫がいいなら何でもいいとか、本当に怖い!!!

ここのリレーショナーの堂園は色々問題有りな人で。
大人の都合で振り回された感じですが、これも高校生としてヤバイなぁと。
そして獅子原も何気にヤバイので、このチームの行く末が心配です。
これから立ち直るのかもしれないけど、とりあえず姫を崇めるのをやめろ…。

次は怜治ルートをやります。
そして穂積と、最後に尊ですね!