◆ドラゴンクエストビルダーズの記事 (1/4)

ドラゴンクエストビルダーズ(18)(終):トロフィーコンプリート!

アクションRPGビルダーズ。

ドラゴンクエストビルダーズ(DQB)のプレイ日記です。
ネタバレ注意。

DQB104.jpg

2/26にトロコンしていました。
1/29に始めて、2/26にトロコンですね。
約1か月。
トロフィーは結構楽なゲームでした。

DQB78.jpg

はまる人はとことん、はまっているドラゴンクエストビルダーズ。
私は途中苦しかったので、そんなに、はまったという感じはありませんでした。
とにかくエンディングまではやろう!という感じでした。
が、チャレンジで2周目をやる頃にはだいぶ慣れてきて、楽しくなってきました。


■シナリオ

DQB79.jpg

ドラクエらしいストーリーでした。
私はドラクエは7までが好きで、8以降(10は未プレイ)は楽しめていません。
言ってしまえば、8と9ですけどね。
今回のストーリーもやや8や9寄りな印象でした。
主人公が勇者じゃない、ずっとあやふやな存在。
格好良い部分も無ければ、普通なわけでもない。
このフワフワした設定はあまり好きじゃないのです。

一番好きな章は3章です。
仲間との結束力があり、それがあらくれというのもドラクエらしいストーリーでした。
アメルダとラライの話にも過去があって良かったし、最後もきれいに終わっていました。

4章のまとめ感も良かったです。
前の章に出てきた人達が集まるのは嬉しかったです。


■戦闘

敵にぶつかるだけでもダメージを受ける。
この手のアクションは久しぶりで、ぐいぐい近づくのは危ない。
基本は剣を振り回して攻撃をしていました。
しかし超げきとつマシンが便利過ぎて。
あと大砲ですね。
この2つがあればとりあえず倒せない敵は居ない。
超げきとつマシンは慣れるまで大変ですが、慣れるとスイスイ操作できるようになりました。

敵がどこまでも追ってくるのは恐怖でしたね。
特に夜のゴーストと拠点に攻めてくるモンスター。
ゴーストが頻繁に出てくるので、夜間外出恐怖症ですよ。
ランダムに拠点に攻めてくるモンスターは居なくても良かったなー。
終章で真っ先にばくだんいわが来て、王座の間の下が大量破壊されました。
まだ何もないっていうのにひどい。

あと剣での攻撃方法が回転斬りしか無かったのも残念でした。


■キャラクター

DQB80.jpg

ストーリーとちょっと被りますが、3章のメンバーが好きです。
見た目は同じあらくれですが、性格が個性的。
一緒に冒険出来るのも楽しい。
最初は一緒に戦えなかったガロンも、勇気を持って戦闘にきてくれるようになりました。

DQB81.jpg

一番のイケメン(見た目)はラライでしたね。
性格のイケメンは3章のシェネリだったんじゃないでしょうか。
筋肉の中でも、たくましく生き抜いていました。
女の子ですけども。

やみのせんしは一番納得がいかず。
こういった表現もありです、って人も居るかと思いますが。
私は認めんぞ…。
昔のドラクエだったらこんなことしなかったのに。


■操作性

緊張すると石も積めなくなる。
というのは竜王戦でした。
焦るとダメですね。
でも最低3段+ジャンプでブレス避けれるので、大丈夫。

落ち着いてやればどうってことのないことです。
高い山もちゃんと登れるようになりました。
ただ操作性とはちょっと違うのですが。
洞窟の中に砕けるブロックの床があると、大混乱するのでやめて欲しい。
カメラの操作性はかなり悪いのですが、穴に落ちると自分の状態が把握できず。
ジャンプしても穴から出られないし、土も置けないし…。
と、何回か苦しみました。
キメラのつばさを使って、天井に頭を打つと多少分かりやすくなりました。

一緒に冒険する仲間達はもうちょっと素直についてきてくれると良かったな。
高いところから決して飛び降りない頑ななあらくれ共。
下から足場を作ってあげて、やっと着いてきてくれる感じでした。


■トロフィー

ストーリー+チャレンジクリアでほとんどのトロフィーがとれます。
その最中に他の細々としたものもとれると思います。
最後にとった「爆破テクニシャン」だけは意識してやらないとダメでしたね。
私は1章の旅のとびら・青で行ける所のスライムべスを8匹まとめて爆破しました。
スライムべスには攻撃はしないで、体当たりします。
するとついてくるので、繰り返して8匹に追いかけられるようにします。
1段下がっている地形の辺りで、まほうの玉を置いて自分は少し離れます。
この時スライムべスがすぐについて来られないように、一応下がった地形でやりました。

「爆破テクニシャン」のトロフィーと、最後だったのでプラチナをゲット。


■総評

DQB82.jpg

総評というか感想というか。

まず、プレイ中に感じた事ですが。
このゲーム、据え置き機で大画面でやった方が楽しいだろうなと。
私はVita以外ほとんどやらないので、今回もVitaでしたが。
ブロックからアイテム、敵まで、本当に小さい。
ゲームにリアル感は全く求めていないのですが、サイズだけはどうにもならないですね。

物作りは楽しいし、音楽はドラクエで懐かしい。
ストーリーもありますが、無視してひたすら冒険や街づくりをすることも出来ます。
4章しかありませんが、1章ずつしっかりとした内容なので物足りなさは感じませんでした。
4章でせいすいを振りまくと、大地に緑が戻るのがとても気持ち良かったです。
これこそ死の大地を生き返らせているような。
その際に、骨が花に変わるのも、良い演出だなと思いました。
ルビスに不信感はありますが、最近のドラクエらしい内容かなとも。
最近のドラクエは素直に主人公をヒーローにしてくれないよね。

不満点も結構ありました。

・カメラが使いにくい。
・拠点に攻めてきた敵を攻撃すると、自分で街を破壊してしまう。
・アイテム作製時、1つか全部使用かでしか個数指定が出来ない。
・椅子に座る向きが固定。テーブルにむかって座れない。
・住民が壁の上を歩く。
・ゴーストしつこい。
・拠点にランダムでくるモンスターしつこい。
・ルビスしつこい。
・やみのせんし。

他にもありますが、思いつくのをいくつかあげてみました。
チャレンジのタイムアタックも嫌でしたけどね。


私はここで終わりにしますが、フリービルドが楽しめる人だと、もっとずっと遊べるゲームだと思います。
これからのアプデで視点や素材の確保など改善されるみたいですし。
ただひたすら物を作りたい、RPGのようにストーリーを楽しみたい、という人向けではありません。
公式サイトにはブロックメイクRPGとなっていますが、雑魚戦、ボス戦共にアクション要素が強いです。
これはアクションRPGだと思った方が良いかなと。
あまりにアクションRPGが苦手な人は、クリアも厳しいかもしれません。
ただ私もそんなに得意なジャンルでは無いのですが、クリア出来ましたので…。
ネットに沢山散らばっている情報を参考に頑張れば、大丈夫かもしれませんね。

ただアクションさえ乗り越えれば、ストーリーは最近のドラクエらしさを感じますし。
キャラクターにも愛着が出てくると、各章が楽しくなってくると思います。
物を自分で閃いて作る楽しさや、山越えの為にブロックを積まなければならないなど面白い要素も沢山あります。
また個人的にはチャレンジも楽しかったです。
タイムアタック以外ですが、目標があるのは楽しいです。
その分、フリービルドが苦手ですけども。

おそらく続編が発売されるかと思われます。
ドラクエ2の世界、3の世界と続けていくことも出来ますし。
Vitaで発売されたらやりたいなと。
ドラクエ1はほぼ内容は忘れていますが、2以降はちゃんと覚えています。
その方がきっと楽しいんじゃないかな。

というわけで、ドラゴンクエストビルダーズのプレイ日記終わりです。
このゲームを一言で表すと。

超げきとつマシン。

でした!
お疲れ様でした。
スポンサーサイト

ドラゴンクエストビルダーズ(17):ラダトーム編チャレンジクリア!

結局竜王と3回も戦った。

ドラゴンクエストビルダーズ(DQB)のプレイ日記です。
ネタバレ注意。

こちらのWikiを見たのを前提に書いていきます。
日数制限とか、必要素材の数とかはこちらでチェックするのがおススメです。

DQB99.jpg

チャレンジ最後です。
上の2つは終わっていたので、残りの3つを終わらせることに。
どの章も死亡回数がありますが、前のセーブデータを使っているからです。

順番としては、「緑のおもいで」「はかいのつるぎ」「竜王をたおす」です。

・???に「緑のおもいで」を届ける

Wiki参照。
移動には超げきとつマシンを使うと早く動けるので、おすすめです。

DQB100.jpg

身体に埋もれている。

・「はかいのつるぎ」を発見する
洞窟内で道に迷っても、とりあえず4種類見つけるまではウロウロすると良いかな。
敵は超げきとつマシンで倒しました。

さて、最後になります。

★伝説の防具をもたずに竜王をたおす

こちらは、伝説の防具「ひかりのよろい」「ゆうしゃのたて」を未所持で竜王を倒します。
所持していてはダメなので、大倉庫に入れておきます。
※装備を外しても持っていてはダメです。

武器の「おうじゃのけん」は装備しておいて大丈夫です。
というか、それ以外を装備していると、竜王が竜になった時に武器未所持になります。
お気をつけて。

伝説の防具が無いので、何を装備しても、竜になった時は武器のみになります。
それよりもその前の人型の戦闘で何を装備するか、ですね。
ここは伝説の防具とほぼ同性能の呪われた防具を装備してしまいます。
「はかいのつるぎ」と一緒に手に入れた「あくまのよろい」と「しにがみのたて」ですね。
武器は「おうじゃのけん」です。
呪われている防具ですが、壊れるまで外せない呪いなので問題無しです。

人型との戦闘ですが、主に超げきとつマシンを使いました。
3度目ですし、余裕かと思いましたが、マホトーンがきついです。
伝説の防具はマホトーンを回避しますが、今回は無理です。
魔法はもともと使えないのですが、このゲームのマホトーンは道具が使えなくなります。
マホトーン中はアイテムが使えなくなりますので、超げきとつマシンも使えません。

ただし、魔法にかかる前から乗っている場合は継続されます。
なので出来るだけ超げきとつマシンから降りないようにします。

超げきとつマシンは障害物が一番のネックになりますので、戦闘開始時に柱や像を叩き壊します。
この時ためらわずに全て破壊してしまうのをおススメします。
像を竜王に使うパターンもあるみたいですが、私は使いませんでした。

障害物が無ければ、広間をスイスイと動けます。
竜王のしもべを倒したら、バリアの解けた竜王に近づいて剣で斬ります。
数回繰り返せば、倒せますので落ち着いて超げきとつマシンと仲良くしてください。
もしマホトーンにかかってから降りてしまった場合は、必死に逃げ回ります。
マホトーンは勝手に解けるので、それまで頑張ります。

竜型との戦闘は、基本は装備がある状態と同じです。
ただ、雑魚戦が裸なのでダメージをくらいやすいです。
近づきすぎてダメージを喰らわないように注意しながら、時間をかけて倒します。

あとは通常と同じですね。
パターン化されていますので、覚えてダメージを与えていくだけです。
石の積み上げは焦るかもしれませんが、最低3段でも竜王側にジャンプすると平気な場合があります。
4段+ジャンプは安全ですが、5段だと100%大丈夫なのかなと。
私は基本は4段+ジャンプでした。

竜王を倒して、ひかりのたまを作ります。

DQB101.jpg

伝説の防具が無いので、裸です。
凛々しいですね!

あとは拠点に帰って、エンドロールを見たらチャレンジクリアです。

DQB102.jpg

裸相手に姫様、良い事言ってくれますね。

以上でチャレンジ全て終了です。
プレイ日記も次で最後です。

ドラゴンクエストビルダーズ(16):マイラ・ガライヤ編チャレンジクリア!

温泉作るよ。

ドラゴンクエストビルダーズ(DQB)のプレイ日記です。
ネタバレ注意。

こちらのWikiを見たのを前提に書いていきます。
日数制限とか、必要素材の数とかはこちらでチェックするのがおススメです。

DQB105.jpg

・ボストロール・ギガンテスを全てたおす
場所はWikiで。
倒すのは超とつげきマシンでガンガンぶつかっていけば終わります。
狭い所にいるボストロールも、ボストロール→壁激突(下車)してもすぐ乗れば大丈夫。
どちらも動きがのんびりですから。

・「なつかしの竪琴」のレシピを発見する
こちらもWikiで。
設置すると音楽が懐かしい感じになります。

★設計図「あこがれの秘湯」を完成させる

これもWiki参照ですが、「メルキドガーデン」を作ったので余裕でしょう!と。
今回は湯のわく石もあるし。
「メルキドガーデン」みたいに水を引いてこなくても良いのです。

洞窟で設計図を手に入れたら、元々あった温泉を全て壊します。
そこに設計図を置いて、ものを配置していくわけですが。
ただ土で埋めただけの所に作っても、温泉の湯がわきません。

なので、こちらも掘り下げて作ることになります。
私はメルキドガーデンの時に黒いブロックがあることを知っていたので、そこまで掘りました。
そしてレンガをとりあえず1段置き。

そうだ、試しに「湯のわく石」を置いてみようかな。
もし湯がわかなかったら困るし。


DQB106.jpg

あ……。

あああああ!!!
お湯がー!!!
ブロック1段だと溢れてしまうみたいです。

一回あふれてしまうと、こつこつと土で埋めるしかない。
でも、ストーリーで砲弾打ちまくって出来た穴なのでとても深い。
うーむ…。

放置しよ。

設計図通りに物を置いていくと、「まじんSpaあらくれ」が出来ます。
2日経って木が育つと「あこがれの秘湯」になります。

DQB107.jpg

良い感じですね、みんな喜んでいますね。
これからもこの秘湯で楽しんでね!
これで君たちともお別れだ!
良いお湯を!



DQB108.jpg

ホント、ごめん…。
壊した土はきれいに取り除いておいたよ…。


ドラゴンクエストビルダーズ(15):リムルダール編チャレンジクリア!

2章は楽ちんです。

ドラゴンクエストビルダーズ(DQB)のプレイ日記です。
ネタバレ注意。

こちらのWikiを見たのを前提に書いていきます。
日数制限とか、必要素材の数とかはこちらでチェックするのがおススメです。

DQB91.jpg

リムルダールのチャレンジ一覧。
他の章に比べると、比較的簡単になっています。

DQB92.jpg

・はいきょの屋根の修理を完了する
屋根の壊れた廃墟を探して、宝箱に入っている屋根を使い穴埋めするだけ。

DQB93.jpg

・「スライムの王冠」を手に入れる
これはスライムの形をした池で釣りをして、釣り上げたキングスライムを倒すと貰えます。

ただ、なかなかキングスライムが出ません。
ゲーム内時間で5日間ほどかかりました。
最初は夜になったらキメラのつばさで拠点に戻っていました。
ゴーストがうざったくて、釣りどころではないので。
しかし面倒だね、というわけで、近くに眠る場所を作ることに。

DQB94.jpg

シンプルイズベストってやつ。
夜になったらここで寝て、ひたすら釣りをします。
キングスライムは強い…かもしれませんが、クリア後のデータなので楽勝でした。
はやぶさの剣で適当に切っていれば終わります。

・タルバのクイズに全問正解する
Wiki参照。
場所が何処か分からないかもしれませんが、結構奥地にあります。
場所によってはストーリーで全く行かなかった辺りにあることも。

以上2章のチャレンジ終わり。
短い。

ちょっとだけフリービルドをやってみました。
が、向いてないですね!
食事が必要だったり、素材を集めるのが大変だったりで。
せめて拠点?に一気に帰れるようになっていれば良かったのになと。

ストーリーとチャレンジ、トロフィーまでになりますね。

ドラゴンクエストビルダーズ(14):メルキド編チャレンジクリア!

結局ストーリー2周したよ!

ドラゴンクエストビルダーズ(DQB)のプレイ日記です。
ネタバレ注意。

後からやろうかと思っていたチャレンジですが、続けてプレイすることに。
まずはメルキド編から終章までのタイムアタック(日数制限)を終わらせました。

寝ないのを前提に…ということで、その通りにやりました。
ストーリーが終わったので、Wiki解禁。
これから書く内容もそうですが、こちらのWikiを見たのを前提に書いていきます。
日数制限とか、必要素材の数とかはこちらでチェックするのがおススメです。

DQB83.jpg

こちらがメルキドのチャレンジ一覧。
上の二つは頑張れば出来ると思いますし、ドラゴンとおおきづちの墓もWiki参照で。

Wikiを見ても悩んだ「メルキドガーデン」について書きます。

★「メルキドガーデン」を完成させる

色々なサイトを見ると、それはそれは素敵なメルキドガーデンを拝見することが出来ます。
うちのメルキドガーデンですが。

DQB84.jpg

…はい、こちらになります。
なんというか、必要最低限でガーデンと言っていいものか。

作り方ですが、私が作ってみて感じたポイントをいくつか。
ちなみに1度失敗してやり直しています。

・空き部屋と認定させてから、水を引き込みに行く。
・水は池ではなく、海から引く。
・回転切りは使わない。
・樹木は水の中だと育たない。草花、ドアは水の中でも大丈夫。

※失敗に見えるけど成功した例です。
※どうしても出来ない人は同じようにやれば出来ると思うよ!という程度のものです。

海から一直線の辺りで、拠点の中を掘り下げていきます。
どれぐらいの深さまで掘れば良いのか、ですが。
下にむかって掘り進んでいくと、黒いブロックが出てきます。
黒いブロックは壊すことができないので、そこが底辺なんですね。
そこまで掘って、ある程度の広さを確保したら、ドアと、かがり火を置きます。
これで「空き部屋が完成した」とでたらOK。
出ない時はドアの高さや部屋が広すぎたりするみたいです。
※ドアは黒いブロックの上に直接置きました。

空き部屋が完成したら、海にむかって掘り進んでいきます。
この時、回転切りを使うと混乱するので、4ブロックずつ掘って行けば良いかなと。
途中で壊れても良いように、予備のハンマーは持って行って下さいね。
途中までは空き部屋が大きくなったで、どこかで空き部屋が壊れたになります。
気にせずに進みます。

DQB85.jpg

こんな感じで。
この視点でエイヤエイヤと掘っていきます。
海に出たら、キメラのつばさで拠点に戻ります。

DQB86.jpg

水が引き込めているはずです。
ドアが半分水に浸かっていますが気にしない!
引き込み用に掘った穴を埋めると、空き部屋が復活するはずです。

DQB87.jpg

※この時ドアの位置を一段上げたら空き部屋にならなかったので、下手な事はしないにかぎります。

必要な素材を置いていきます。
まずは土ブロックを1段置きます。
水は8マス必要なので、そこは埋めないように。
1段だと水がうっすらと土より上にある状態ですが、そこに花やかがり火は置いて大丈夫です。
樹木の苗は水の中だと育たないので、もう一段高くして(黒いブロックから土2段)
苗と、残った材料を置きます。
折角なのでベンチも2段のところに置きました。

DQB88.jpg

このように、花の高さや木の高さが違くても大丈夫。
要は「空き部屋に必要素材がすべてある」状態にすれば良いのかなと。

DQB89.jpg

反対側です。
かがり火も水の中なので消えてしまっていますが、大丈夫です。
このガーデン、びしょびしょですよ。
全部置くと、「花の庭園」になります。
※画像はメルキドガーデンになっていますが、苗が育つまでは花の庭園です。

DQB90.jpg

苗は2日経つと木になります。
木が育つと「メルキドガーデン」になります。

失敗して上手く出来ない方。
見た目は気にしないけどチャレンジ埋めに、さくっと終わらせたい。
という人はこの方法で出来るので、参考にどうぞ。
ただ、あまりに出来上がりがへっぽこなので、とても残念な気持ちになりますけども。

次は2章のチャレンジです。