乙女ゲームの記事 (1/9)

うたプリmusic3:衣装コレクターとタッチボイスマスター

相変わらずのんびりペースですが、少しだけ進みました。
やっとPROでAが曲によって、たまにとれるようになりました。
またさぼっているうちに出来なくなるんでしょうけども。

uta09.jpg

衣装コレクターのトロフィーを獲得。
音ゲーをプレイしてMPを集めて交換しました。
やれば貰えるトロフィーは好きです。

uta10.jpg

それとタッチボイスマスターのトロフィーも。
前から順にやっていくとカミュが最後なので、画像がどちらもカミュに…。

こちらはサイトに載せている方がいたので印刷してチェックしました。
これもコツコツタッチしていけば、そのうちとれます。
メインメニュー5種。
衣装(私服・ステージ衣装・江戸衣装・SASCD衣装)各2種。
カスタマイズアイテム(獣耳・帽子・メガネ)各2種。
各キャラ19種×11人。

残るトロフィーは6個。
もう少しだけ粘ってみるつもりです。

スポンサーサイト

KLAP!!:S?M?そんなの関係ナイ!な調教AVG

klap23.jpg

攻略対象キャラは6人とやりやすい人数でした。
総評です。

「KLAP!! ~Kind Love And Punish~」のプレイ日記というか感想です。
ネタバレ注意。

■シナリオ

klap24.jpg

5章までは共通シナリオ、それ以降が個別ルートになっています。
個別ルートに入ってから、なかなかボリュームがあります。

終始気にしていましたが、人間と幽魔の恋という種族の違い。
年齢を重なる速度が違うのに、そこを解決していないのは残念でした。
皆、主人公が先に亡くなってからも、生きて行く覚悟をしているということなのか。
どうせなら人間エンドと幽魔エンドがあっても良かったかも。
今のエンディングと、主人公が幽魔になるエンディング。

個別ルートは、結構深刻な問題を抱えていたりして。
明るいゲームに見えますが、そうでもなかったですね。
個別ルートに入ると、他の攻略キャラの出番がほとんどないルートもあります。
最初にやった燈真が天狗選挙かつキャラが出ないので、やばかったですね。
全員このノリだとつまらないぞと…。
ただ壮介で甘さを盛り返してくれたので、助かりましたよ。
明人はひたすら甘さ重視で、カミルは性格が面白く、奏はシナリオがとても良かった。
それぞれのシナリオが全く別のタイプなので、他の子も楽しみになります。
プラチナが50%を超えているのは、その為かもしれません。

■システム

klap25.jpg

基本はストーリーを読み進めながら、たまに選択肢が出てきます。
移動先を選ぶものと、相手に対してS対応かM対応か選ぶものと2種類あります。
SかMかを選ぶと、ステータスのゲージがそちら側に長くなります。
S状態とM状態で調教時の反応が変わります。
どちらでもエンディングには変化はありません。
というわけで、この記事のタイトルが決まったのでした。

調教は良い結果を出せばご褒美シナリオが解放されると…。
今、某所の記事で知りましたが。
A以外取らなかったので、全く気にしていませんでした。
調教の結果はストーリー進行に影響はありません。
ただ、すごく簡単なので、A以外取る事はまず無いと思いますけどね。

■キャラクター

klap26.jpg

脇役もちょいちょい出てきます。
特に出番が多かったのが、狼男の近江亮と人魚の石見楓です。
あとは保険医の日向先生と校長のぬらりひょん。
日向先生は深く語られていないので、ちょっとだけ謎が残りますね。
人間だと言っているけど本当かなとか。
もし違ったら楽しいんだけどな。
神なら良いのに。

主人公の性格は真面目だけど、面白みのある若者という感じ。
特に壮介ルートとカミルルートではコントのようでしたね。
それでいいの?と思うときもありますが、細かい事は気にしない。

さて、最後に好きなキャラクターベストスリー!
いつもは5人なんですが、登場人物が少ないので3人。

★第3位 播磨奏

klap27.jpg

前半は可愛い猫で後半は感動ストーリー。
年月についても一応解決している唯一のルート。
途中重くてたまらないけど、良い話でした。

★第2位 カミル=セッツェリン

klap28.jpg

中身はゲームオタクなのんびりヴァンパイア。
オタクならではの考え方が、まんまで面白かったです。
「少しくらい寝なくても生きていけるけど、
ゲームを止めたら……俺、生きていけない」
ホントにね。
ただ、吸血鬼への決断は勿体なかったな。

★第1位 周防壮介

klap29.jpg

チョロいツンデレが面白くて可愛い。
声は超絶格好良いのに、可愛いこと言うんですよ。
主人公とのやり取りも楽しかったです。
シナリオも満足でした。

3位は紫苑と奏で悩みましたが、猫可愛いからな…。


キャラゲーのようで、シナリオもちゃんとしていますし。
読み物に近い感じですが、調教で声優さんの喘ぎ声を楽しむことも出来ます。
調教とか痛いの嫌だなと避けている方には、そんなに気にする程じゃないと。
絵柄が気に入って、喘ぎ声が平気なら大丈夫だと思います。
ただ軽いノリのゲームだと思ってやると、そうでもないので戸惑うかも。

ざっくりとした感想になりましたが、これでKLAP!!の感想終わりです。
ファンディスク出ると良いな。

KLAP!!:出雲紫苑ルートクリア

もっとSでも良かったかも。

「KLAP!! ~Kind Love And Punish~」のプレイ日記というか感想です。
ネタバレ注意。
スチルは公式サイトでもアップされているものから選びました。

klap19.jpg

年齢不詳。
出身地不明。
主人公の同僚である出雲紫苑先生です。

一応、隠されていた…のかな、このルート。
でもサイトで公開されているスチルがこれ(上のやつ)なので。
隠してもないか。

紫苑先生は幽魔ではありません。
でも人間でもない。
貧乏神です。

klap20.jpg

周りの人を不幸にする神様。
ただ深く関わりを持たなければ、この街の中なら影響はありません。
主人公と親しくなっていき、思いが通った頃にその兆候が現れ始めます。
最初は小さな怪我程度でしたが、命に関わるかもしれない事故まで。

自分のせいだと分かっている紫苑は、主人公のいる街から去っていこうとします。
主人公は紫苑と居られない事の方が辛いと、探しまわります。

と、こんな感じのお話です。
ある言葉を見つけると、貧乏神という責務から解放されるのですが…。
その解放された姿を見る事が出来ます。
めちゃ格好良いな。
つか、この先生を調教したいってぐらい格好良いです。

klap21.jpg

紫苑ルートは生徒達も頑張ってくれるので、最後にやって良かったです。
あと保険医の日向先生も活躍してくれます。
日向先生はルートがあっても良いくらいなんですけどね。
無かったですね。

klap22.jpg

勢ぞろい。
個性豊かで良い子達だったなー。
本当に最後にクリアして良かったです。

過去に主人公と会った事があるので、その辺りも描かれています。
この時、紫苑は貧乏神の姿なのですが、敬語なんです。
それがすごく勿体なかった…!
神様だから敬語は使わない、先生だから敬語、の方が良かったな。
解放後は少ししかシーンが無いけど、そこは敬語はやめてもらって。
何となくしっくりくるというか、良い感じになりそう。

ビジュアルは紫苑が一番好きです。
なので、調教も楽しかったです。
ただ同じ事の繰り返しなので、この頃には飽きてましたけどね。

これでキャラ別感想終わりです。
次回総評です。


KLAP!!:播磨奏ルートクリア

犬派ですが猫も好き。

「KLAP!! ~Kind Love And Punish~」のプレイ日記というか感想です。
ネタバレ注意。
スチルは公式サイトでもアップされているものから選びました。

klap16.jpg

にゃにゃにゃー!
猫又の幽魔です。
年齢は602歳。
攻略キャラの中では最年長です(年齢不詳は除く)。

猫又は他の幽魔とは違い、猫が死ぬときに未練があると猫又になる。
という設定です。
奏は拾い育ててくれた女性にお礼が言いたくて猫又になりました。
村を襲われ、火事で行方が分からない主を待ち続け亡くなってしまったのです。

当然、その女性はもうこの世に生きてはいません。
ただ生まれ変わりというものを信じています。
奏が学校に入ったのも、20年程前から彼女の生まれ変わりを感じ人間界へ行くため。

klap17.jpg

その生まれ変わりが主人公なんですが、猫又は未練が無くなると消えてしまいます。
どうすれば奏と別れないでいられるか悩む主人公。
これだよ、これ!
本来、全キャラこの悩みを持っても良いようなものなのに…。
年齢とはちょっと違いますが、この辺りを突き詰めたい。

klap18.jpg

奏ルートは感動する、良い話でした。
一時、奏がいなくなってしまうのですが、主人公が頑張りました。
最終的には一番幸せなルートになっていると思います。
主人公の死と共に、奏も猫又としての生を終えるのでしょう。

奏はにゃーと甘えてくるのが可愛いです。
ほぼ猫ですね。
他の幽魔は特技:幽魔のスキルみたいな感じでしたが。
奏はまんま猫。
運動会の玉入れのくだりとか、メイドよりも好きです。

調教は叩くのがかわいそうだなーと思いながらバシバシ。
マタタビで叩いて欲しいはちょっと笑った。
毒にも薬にもなる!みたいな勢い。

さて、次でキャラ別感想ラストです。

KLAP!!:カミル=セッツェリンルートクリア

ゲーマーバンパイア。

「KLAP!! ~Kind Love And Punish~」のプレイ日記というか感想です。
ネタバレ注意。
スチルは公式サイトでもアップされているものから選びました。

klap13.jpg

333歳。
血が苦手な吸血鬼。
十字架やニンニクは大丈夫だけど、日光は少し苦手。

とにかく話し方がのんびり。
でも言葉遣いが可愛く、聞いていたくなるので時間がかかりました。
かしこまりー。とか。

カミルは吸血鬼ですが、血を飲みたいという要求がありません。
それが主人公と恋することで、変わっていきます。
主人公の血なら欲しい、吸血鬼にならないかと。

これでやっと一緒に過ごせるようになるのか。
良いルートだなと思いましたが…。

↓ネタバレです。頑張って読まないでください。

ヒダマリノニオイガスルニンゲンノアナタガスキ!(´・ω・`)

そうかい。
無念だ…。
このゲームは種族の違いをメインにしておきながら、一番重要な所が置き去りなんですよね。

まぁそれは置いておいて、カミルはすごく良い子です。
甘さはあまり無いのですが、自然と恋人になっていったような。
あと門番の和明も大事な位置づけとなっています。

調教は終始のんびり口調なので、違和感ありまくりでしたね。
いや可愛いのですが。
ちゃんと効いてる?という感じでした。

カミルはいつも寝不足。
ゲーマーです。
PCのオンラインで世界を救うためには寝ていられません。
でも暴走してしまい調教された後は疲れてしまいますので。

klap14.jpg

先生の厳しい一言。

klap15.jpg

激しく同意。
疲れていてもゲームは出来る。

次はにゃんこの感想です。