PSVitaの記事 (1/37)

レヴナントサーガ(6)(終)垢抜けなさが魅力のレトロな王道RPG

rev33.jpg

4月23日から始め、5月14日にトロコン。
プレイ時間は28時間。
周回要素は無しで、時限トロも無し。
価格は1080円と大変お安く、充分元がとれるぐらい楽しめます。

以下総評らしきもの。

『レヴナントサーガ』のプレイ日記です。
ネタバレ注意。
Vita配信版で、スマホ版未プレイです。

■シナリオ

rev34.jpg

シリアスな内容と書かれていて興味を持ちました。
確かにシリアスというか深刻な問題は起こっています。
ただアルベルト達の性格が非常に良くて、順次解決していきます。
最終的にはそれぞれが失うものは大変大きいのですが、仲間がいれば大丈夫というか。
この後も、この4人とマグナエル、イゾルデで楽しくやっていくんだろうなと。

トゥルーエンドのラスボスはこいつかよ…という。
そういえば一度もSSに登場していませんね。
まぁ、良いか。
最初から最後までダレることの無い物語でした。

■システム

rev35.jpg

戦闘は好きなタイプでした。
最初リベレーションをどれぐらい使って良いのか分かりませんでしたが。
結構使っても大丈夫。
ゲージが上がり過ぎても、道具でスッと下げることが出来ます。
UIが悪いと言われていますが、戦闘はそこまで感じませんでした。
押す回数がちょっと多いぐらいが分かりやすい。

戦闘に入るときにちょっと止まるのはUnityならでは。
ただ他のUnityに比べると移動はスイスイだしロードも短い。
それだけアクションも少ないのですが、ゲームに合っていて良かったです。

武器の強化は最後に使う武器の為に結晶をとっておきましたが…。
最終的に2000万G使うために究極の結晶を買うので、惜しまずに使えばよかった。
HPマターとオートマタ―は調整のために最後まで取っておくのがおススメ。

一番気になったのはマップの長さ。
とにかく長い。
無駄に長い。
これがケムコRPGの特徴なのかもしれませんが。
小学生がノートに書いた迷路を思い出しながらプレイしました。
宝箱トロフィーが無かったら、断念する長さでした。
トロフィーありがとう。

■キャラクター

rev36.jpg

一番好きなのはマグナエルですね。
アルベルトとの対話がちょいちょいあるのですが、それが楽しくて。
俺様とか言ってるわりには、性格が良い。
姿が現れた時は素直に嬉しかったです。

敵はあまり魅力的では無かったので勿体なかったです。
悪者を悪人として描いてしまうのは、そのまますぎてイマイチかなと。
妖しいローブ、ハゲ、悪人面なキャラって魅力あるか?
あとは爺さんと頭悪そうなのがいたけど、そこもな…。
どんな理由で悪になったにせよ、魅力は必要だと思うのです。
イケメンってわけじゃなくてね、性格とかも含めて。
前回クリアしたのがロマサガ2で、七英雄が魅力の塊過ぎた…。

■トロフィー

rev37.jpg

書き忘れていましたが、最強の助っ人はサブクエストを全てクリア。
ノーマルエンド前にとることが出来ます。

トロフィーは最後は作業のようで、実際はそうでもなく。
楽しく集めることができました。
レベル999まで上げられるゲームは久々じゃないかな。
ダメージ999999とか、ぶっ飛んだ数字が出るのも面白いですね。

歩数も思ったよりもずっと楽に稼げました。
ただウロウロしただけですけど、戦闘がガンガン飛ぶので楽です。
他も苦労したトロフィーは無しですね。
こちらの攻略サイト様を参考に集めると良いと思います。
特にHPの調整はすごく分かりやすいです。

さて、これでレヴナントサーガの感想終わりです。
短いゲームなので、感想も短いのですが充実感はたっぷり。
価格も安く、追加DLCも無い買い切りタイプ。
ちょっと懐かしめのRPGをやりたいけどアーカイブは嫌という方にピッタリです。
あと何気に音楽も良かったのですよ。

ところでケムコのサイトを見ていたらスマホ版の『レヴナントドグマ』を見つけました。
関連作品にレヴナントサーガがあるし、これやりたいのですが…。
続編というわけではないのかな。
システムは似てるし、面白そうなのでこちらもVitaに移植して欲しい、是非。

最後にPVみて終わりです。



プレイし終わった後みると楽しいなぁ。
そしてやっぱりエステルは美人ですね。
人を救うは神か悪魔か-。
トゥルーエンドまでプレイすると、この言葉の持つ意味が分かります。

といったところで終わりです。
満足できるゲームでした!

スポンサーサイト

レヴナントサーガ(5):トロフィーコンプリート!

最後まで一気に進めました。

『レヴナントサーガ』のプレイ日記です。
ネタバレ注意。
Vita配信版で、スマホ版未プレイです。

■伝説の戦士(モンスタースパーキングEXえ200レベルに到達する)
■悲劇の一撃(1回の攻撃で100000のダメージを受ける)

rev27.jpg


1回目の挑戦で200超えました。
敵の出方の運が良かったのかなと。
メタル系も出ませんでしたし。

rev28.jpg

最後ちゃんとオチでこちらのトロフィーも。

■終わりなき追撃(連続オーバーキル数30達成)

これは少し悩みながらやりました。
ユーリアのスキル『何も覚えていない!』とバーストの合計でいけるとのこと。
何も覚えていない!はHPの下3桁を合計した回数攻撃をします。
HP調整用のアイテムが足りず、ここまでは799で25回でした。
バーストしても29回と微妙に足りない。

各地に記録の番人みたいな人達が居て、記録に応じてアイテムが貰えます。
ここまでの報告をしたら調整用のアイテムを貰えました。
おかげで下3桁を999にすることができました。

rev29.jpg

オーバーキル数34回で無事ゲット。

■プロフェッサー・リベレーション(リベレーションを200回行う)
■戦いのプロ(スキルを2000回使用する)

それぞれ微妙な回数が足りず、ここにきてオートを外して戦闘を。
リベレーションは1度の戦闘で1回ずつ。
スキルは各キャラの回数が合算されるので、最大4回。

rev30.jpg

50戦ぐらいでリベレーション200回。

rev31.jpg

その後1戦ぐらいでスキルも2000回。

最後に残ったのは歩数250000歩でした。
15000歩ぐらい足りなかったので、その辺を適当にうろうろ。
そのトロフィーと共に、プラチナトロフィー。

rev32.jpg

無事すべて埋まりトロフィー集め終了です。

次回総評です。


レヴナントサーガ(4):やり込み要素開始

あとはトロコンまで一直線!

『レヴナントサーガ』のプレイ日記です。
ネタバレ注意。
Vita配信版で、スマホ版未プレイです。

ノーマルの後はやり込み要素を進める事に。
というわけで、とりあえずメタル系の敵が出る島でレベル上げ。
レベル999を目指します。
レベル500まで上げた段階でちょっと飽きたので、その時にトゥルーエンドを観にいきました。
楽勝でした…。

rev21.jpg

右側のトロフィーが3つ揃うと実際にトロフィー取得となります。
これはレベル上げ中に討伐数が3000を超えたときのものですね。
まだ全然集まっていません。

クリア後は攻略サイト様解禁で、調べながら進めました。

■宝箱マイスター(宝箱を全て回収する)

rev22.jpg

これはお宝サーチャーというスキルで未回収の数は分かるのですが、苦労しました。
ドラクエと違ってその場所全て合計の数が出るので、探し回らなければならない。
画像の通り、結構普通の所のを見逃していました…。
探索をする際には□ボタンを押すと広域が見渡せて便利です。

■経済の中心(通算2000万GOLDを消費する)
■神器を作りし者(武器の+値を999にする)

rev23.jpg

メタルの出る島は2つあるのですが、右側の方の島で戦うとお金も集まります。
レベルが上がるのも早いです。
そこで集めたお金で、おじいさんから結晶を買って2000万G消費。
セリフが中途半端ですまんな。

rev24.jpg

さらにそのおじいさんから買った結晶で武器を強化。
4人分の武器を+999にしました。

■悪魔殺しの一撃(1回の攻撃で999999ダメージを与える)
■抜群のチームワーク(連続HIT数200達成)

rev25.jpg

攻略サイトを参考にした装備とHP調整をして『億千万の翼』に挑みます。
連続ヒット数は1回アタックをしてしまいましたが、360超え。

■無限の翼(億千万の翼で3億ダメージを記録する)

rev26.jpg

ダメージ数は3億5千万超えでした。
なんていう桁数だ。

続きます。

レヴナントサーガ(3):悪魔の力~トゥルーエンド

中盤からエンディングまでの感想です。
決定的なネタバレはありませんがご注意。

『レヴナントサーガ』のプレイ日記です。
ネタバレ注意。
Vita配信版で、スマホ版未プレイです。
トロフィーに沿って感想を書いています。

■仲間(エステルと合流する)

他の3人の秘密を知り、エステルが離脱。
これはまぁ仕方ないわ…といってもちゃんと力を付けて戻ってきます。

rev16.jpg

その時に面倒をみてくれるのが、バルドゥル前神官長です。
目は赤いですが元々でレヴナントというわけではないです。
このゲームで一番のイケメンおじさまですね。

■新たなる力

それぞれがそれぞれの力を得るために戦います。
マグナエルと会えるのもこの時ですね。

rev17.jpg

可愛いな。
これがお腹減った!草はもうやだ!とか言ってたかと思うと。
結局ずっとアルベルトに付き合ってくれるしね。
良い奴。

■ノーマルエンド(ノーマルエンドに到達する)

最後は悪魔王を倒してエンディングです。
気持ちいいほど王道です。

rev18.jpg

このエステルの言葉はちょっと違和感。
とるにたらないって本人以外が言えることじゃないよね。
誰にも信じてもらえないってすごく辛いことじゃない?
それが歪んでここまで来てしまったので、なんかね。
エステルらしくないセリフだなぁと思いました。

ラスボスを倒した後はクリア後の世界。

■トゥルーエンド(トゥルーエンドに到達する)

rev19.jpg

悪魔王を倒して事で、悪魔界のバランスが崩れました。
その影響は地上にも及ぶとのことで、みんなで魔界へ行くことになりました。
悪魔を4体とボス戦でトゥルーエンドとなります。

rev20.jpg

神様は祈っても何もしてくれないから、自分達が頑張ろうぜ!!
ということです。

以上でストーリー関係のトロフィーは終わりです。
あとはやり込み要素になります。


レヴナントサーガ(2):不吉な予感~悪魔の力

極力ネタバレを避けようとして失敗しています。ご注意。

『レヴナントサーガ』のプレイ日記です。
ネタバレ注意。
Vita配信版で、スマホ版未プレイです。
トロフィーに沿って感想を書いています。

■不吉な予感(オープニングが終了する)

rev06.jpg

世界に流行り病が蔓延し、アルベルトの幼馴染アンナの両親が倒れてしまいます。
その治療薬の実験の為にエーリヒ博士に協力したアルベルト。
実験が途中で中断されたことで、人間のまま体内に悪魔を宿したレヴナントとなってしまう。
レヴナントはレヴナントを殺すことは出来ないが、人間であるアルベルトには出来る。
行方不明になったアンナを探すため、アルベルトはレヴナントを倒しながら旅を続ける。

rev07.jpg

アルベルトが宿した悪魔はマグナエル。
性格は横柄ですが、根は良い奴です。
終盤にその正体が分かりますが、それなら性格良くて当然かという。

rev08.jpg

姿はこちらも終盤にちょこっとだけ出てきます。
なかなか可愛い見た目で、立ち絵が無いのが惜しい。
もっと出番があれば良かったのにな。

■復讐の旅(エステルと行動することとなる)

rev09.jpg

旅を始めて2年後。
アルベルトはある村の宿屋でエステルと出会う。
エステルはレヴナントと戦う力を持つワルキューレの見習い。
ワルキューレは神器と聖痕の力でレヴナントを浄化することが出来る。
教団はワルキューレによりレヴナントに抵抗していた。

rev10.jpg

今作のヒロイン…のようでヒロインではないエステルです。
そもそも恋愛要素は皆無なので、ヒロインとは言い切れないというか。
性格は最高に良くて、アルベルトの正体を知っても共に戦ってくれました。
さすがに仲間達が皆…となった時は一時離脱。
しかしそれも仲間を思っての事でして、本当に良い子。

途中でエステルはもしかしてあの人…?となりましたが。
結局その複線はどうなったんだっけ。
結論だけ言うと違うのですが、その辺ちょっと忘れてしまった。

■それぞれの目的(4人の仲間が揃う)

rev11.jpg

エステルと共に旅を続けて行く途中、ブルーノとユーリアが仲間になります。
仲間と言ってもそれぞれが隠し事を抱えています。

ブルーノは教団に所属し、神より授かった力でレヴナントを倒しています。
教団の教えを広めるために旅をしており、性格は冷静で真面目。
ただ真面目ながらも面白い部分もあり、最終的には良い奴です。
彼の正体はだいたい最初から察しがついていた通り。
あとからSS見直したら、そのままだったしね。

rev12.jpg

ブルーノには暴虐姫イゾルデがかかわってきます。
こちらもマグナエル同様、悪魔です。
途中からデレるのですが、ブルーノも大変だなぁという。
可愛らしくて結構好きですね。

rev13.jpg

ユーリアはレヴナントを生み出していたエーリヒ博士と深いかかわりがあります。
この2人の話はなかなか切ない。
無口キャラだからか心の声が( )で頻繁に呟かれます。
最初は利用してやろうだったのに、どんどん良い子に。

つまり4人とも良い子って事です。

■悪魔の力(アルベルトの秘密が仲間にバレてしまう)

rev14.jpg

ずっと隠していたマグナエルの事がバレてしまいます。
実はアルベルトよりも他の人達の方が秘密を抱えているのですが。

rev15.jpg

マグナエルが精神を支配すると見た目も変わります。
目が真っ赤に。
戦闘でマグナエルモードみたいなのがあっても良かったな。

続きます。