◆シャリーのアトリエPlusの記事 (1/2)

シャリーのアトリエPlus(7):錬金術士の少女達が追い求める黄昏の謎

総評です。
エスロジに引き続きトロフィーは難しくなかったので、後ほど少しだけ。

shari39.jpg

9月29日に始めて、11月6日にトロコン。
2周でトータル55時間58分。
約56時間と、黄昏シリーズでは一番短い時間となっています。
エスロジに比べて、ステラとロッテの物語が被る部分が多かったのかな。
あと、武器は強いのを作りましたが、防具は作らなかったのも。
アトリエは錬金にどれだけかけるかで、クリアタイムが大幅に変わりますね。

shari40.jpg

きれいに揃いました!

『シャリーのアトリエPlus~黄昏の海の錬金術師~』のプレイ日記です。
ネタバレ注意。

■シナリオ

shari41.jpg

アーシャで始まり、エスロジで繋ぎ、シャリーで終わる。
黄昏シリーズ最終章。
Plus版では歴代の錬金術士も集まって黄昏の答えが…出てない。
黄昏の起こる要因は分かったのですが、解決策は見つかっていません。
結局アーシャだけではなく、全て管理者を倒して解決してきました。
根本的な解決にはなっていないそうですけれど。

黄昏が環境破壊、環境汚染から起こる現象だとするなら。
答えは見つからないのかもしれません。
むしろそこは考えを巡らせてみて欲しいという物語なのかも。
はっきり答えが出ていない事で、人によってとらえ方が変わることでしょう。

うんうん。
…とはいえ。
正直、しっかりとしたエンディングを作って欲しかったとも思います。
それは製作者側がこう思っていると伝える形で良いんですよ。
そこから納得したとか、不満だったとか考えればいい事で。
今回の流れを踏まえて、もう一つ続編を作って欲しいぐらいです。

■システム

shari42.jpg

今まであった3年+αの期間制限が廃止されました。
前作のような納期も無いので、ごく普通のRPGのようになっています。
キーとなる行動が決まっていて、それらをクリアして100%になると次の章へ進みます。
ただそれもすぐに進めるか、もう少し何かしてからにするか決められます。
時間制限が無いので、調合もなにもし放題ですね。

調合システムは一番苦手だったかな。
チェインの意味が分からなくて、うまく使えず。
ラスボス戦前に攻略サイトみてそういうことか!と。
今回は武器だけ頑張って作って、防具と装飾品は適当に。
もし2周目苦労したら難易度をストーリーウォッチにすれば良いかなとか。
ごく普通にファンゲームでクリアしましたけどね。

あ、あとめちゃ金欠でした。
1周目の最終章近くまで金欠で苦労した。

■トロフィー

shari43.jpg

エスロジ同様大変なトロフィーはありませんでした。
キャラ別エンディングも無いので、しっかり楽しんでプレイすればほぼとれます。
ステラとロッテで別イベントトロフィーがあるので、2周は必須。

「二人のシャリー」はトゥルーエンドで獲得することが出来ます。
1周目と2周目別キャラでエンディングを迎える。
それぞれに用意された2つのエンディングを見る(2周目は条件を整える)。

・1周目で2つのエンディングを見たクリアデータを用意。
(ラスボス直前のデータを使って両方見てセーブすれば良い)
・クリアデータを引き継いで2周目をプレイ。
・2周目2つのエンディングを迎えることの出来る状態でクリア。
 (もう片方のシャリーとの友好度は100にしておく)
 (エスカの種のイベントと、お菓子評価会をクリアする)
・「ステラ(またはロッテ)との再会を心から願う」を選べばトゥルーエンド。

私は1周目がステラで、2周目がロッテ。
フライングボードを作成するイベントを飛ばしていまして。
ロッテ編の1つのエンディングの条件になっています。
ただこのイベントはラスボス撃破後でも船で錬金すればクリア出来ました。
それでも選択肢が出てこなかったのは、お菓子評価会未クリアですね。
お菓子はオディ―リアに10個お菓子を渡す必要があり、結構面倒なんですよ。
2周目、思い切り無視してたからなぁ。


■キャラクター

歴代の錬金術士が集まったことで、他のキャラの存在が薄い。
そしてどうせなら末っ子のリンカを出して欲しかったな。
リンカとリンカの会話も見てみたかったし。

さて、これで黄昏シリーズ最後ということで。
乙女ゲーの感想で最後にやっている好きなキャラクターベスト5!


★第5位 アーシャ

shari44.jpg

アーシャのアトリエのアーシャだけならもっと上。
シャリーでのキースとのあれがギギギ……。
ニオと再開後のお話も見てみたいですね。

★第4位 エスカ

shari45.jpg

高い声が可愛いエスカ。
種を手に入れた彼女は、最後まで重要なポジションでしたね。
ロジーのことが大好きなのが真っ直ぐ伝わってくるのが良い。
可愛い。

★第3位 ソール

shari46.jpg

エスロジの苦労人なソールも、シャリーの活発なソールも。
どちらも面白くて好きですね。
ホムンクルスと仲良しで、戦闘もホムンクルス沢山で可愛い。
ソールはコルセイトには帰りたくないかもしれませんね。

★第2位 ロジー

shari47.jpg

格好良い、頼りになる、優しい、強い!
でも悩み事を抱えていたり、エスカの行動に戸惑ったり。
人間味のあるところがまた魅力的なキャラでした。
シャリーPlusのおまけボイスで最後に「エスカ、短くまとめるんだぞ」って言っているのに、
エスカだけ前後編に分かれていたのには笑ってしまった。
めちゃくちゃギャアギャア言ってた。

★第1位 アーニー

shari48.jpg

アーニーさん!!!
ずっと言い続けていますが、アーニーさん最高。
揺るがない1位。
黄昏シリーズってアーニーさんで始まるんですよね。
その物語が終わってしまったのは、寂しい気持ちもちょっとあります。
もう新しいアーニーさんには会えないのか…。

と、こんな感じですね。
シナリオの感想でも書きましたが、続編やりたい。
初アトリエなので分からないのですが、3部作は必ず3部で終わりなのかな。
どこかにつながったりすればいいのに。
不思議シリーズはロジー(別人)が出ているので、無理なんだろうなぁ。

これでシャリーのアトリエ&黄昏シリーズの感想終わりです。
シャリーはちょっと日数がかかってしまいました。
どれもストーリーを楽しむだけなら、サクサク進められるRPGです。
W主人公の両方でプレイやトロコンを目指すならちょっとかかりますけどね。
トロフィーはアーシャぐらいの難易度が良かったかな。



あらためて見ると、やっぱりアーシャ楽しかった。
アーシャ、エスロジ、シャリーの順番で好みでした。
このムービー本当に分かりやすいですね。
未プレイで見ると物凄いネタバレですので、お気をつけて。


スポンサーサイト

シャリーのアトリエPlus(6):アルバート・ハリー・レイファ―・カトラ他

キャラ別感想ラストです。

『シャリーのアトリエPlus~黄昏の海の錬金術師~』のプレイ日記です。
ネタバレ注意。

以下、駆け足。

■アルバート

shari31.jpg

ロッテとミルカの幼馴染。
見た目はそこそこ格好良いし、商会長の息子ということで将来有望。
ただし、中身はオートマタオタクでございます。
ステラ編だと急に出てきて何この人という感じでした。
ロッテ編だといくつかエピソードがあるので良かったですね。

■ハリー

shari32.jpg

何気に黄昏皆勤賞のハリーさん。
今作ではレイファ―と冒険の旅に出てきたようです。
また、新しい本も執筆してくれました。
実は商人としてもかなりの実力者なんだよな。
全くそうは見えませんけども。

■レイファー

shari33.jpg

ハリーと一緒に旅を続けています。
エスロジとは違い、完全な脇役。
ホムラとはトレジャーハンター同士で知り合い。
カトラとのやり取りから、相変わらず節約生活をしているみたいです。
大金使いじゃないところが良いんだよね。

■カトラ

shari34.jpg

ガラクタ売りの…じゃない。
ステラードからやってきた雑貨屋さん。
エスロジでは戦闘にも参加していましたが、今作ではお店のみです。
オートマタを仕入れているのはびっくりしました。
2周めでは言い値で買いましたが、1周めは売り切れました。
どちらでも問題ありません。

■ナディ

shari35.jpg

ロッテのお母さん。
ぺリアン協会で働いていたが、結婚を機に退職しました。
見た目がとにかく若い!可愛い!
性格はおっとりとしていて、怪しい物を買わされることもしばしば。

■ラウル&ジェラール

shari36.jpg

shari37.jpg


財協組合の組長と商会の会長。
対立しながらも、ステラードを支えている。
ラウルの方が人情味があるような気がしましたが、ロッテ編をやるとそんなこと無い。
ジェラールはナディの上司だったので、病気の事を気にかけてくれていました。
ラウルもジェラールもステラ編だと何だか怖い印象でしたね。
ロッテ編をやってからステラを少し好きになりました。
1人で頑張っていたんだよなと。
若干卑屈になるのも仕方が無かった。

■ローゼミア

shari38.jpg

謎たっぷりな妖艶な女性。
元は魔法使いだけど、今は遺品を集めて売ったりしてる。
ウィルベルの大婆様に似ているらしいですが、本人ではありません。
もし黄昏シリーズが続いていたら、戦闘キャラになりそうな人物ですね。
武器はもちろん傘。

キャラ別感想終わりです。
長かった!
さすが集大成というだけあって、沢山出ていました。

次回総評です。

シャリーのアトリエPlus(5):キース&オディ―リア・アーシャ・ロジー・リンカ

キャラ別感想続きです。

『シャリーのアトリエPlus~黄昏の海の錬金術師~』のプレイ日記です。
ネタバレ注意。

■キース&オディ―リア

shari23.jpg

キースは黄昏シリーズ皆勤賞の1人。
オートマタであるオディ―リアと共に旅を続けています。
今回は別行動をしていたアーシャとも合流。
制作側のキースとアーシャの関係を匂わせる演出にうんざり!
アーニーさん!!

shari24.jpg

と、その辺は置いといて。
シリーズを重ねるごとにデレていくキース。
今回も最初少しだけツンでしたが、すぐにデレてましたね。
特にロッテの時はただの良いおじさんじゃないかと。
キースの旅はまだまだ続きそうです。

■アーシャ

shari25.jpg

エスロジでは名前だけの出演だったアーシャ。
Plus版の今作では中盤以降参戦してきます。
アーシャのアトリエの頃よりも大人っぽくなりました。
ただ話し方、こんなに寝ぼけていたっけ?という感じで。
おっとりし過ぎで、歳って嫌ねと思いました。
エスカがキンキンしてる分、尚更そう感じたのかも。

shari26.jpg

でもやはり可愛いのには変わりない。
アーシャはニオを助けるためにジェオシスを壊しました。
エスロジはフラメウを救い、彼女の意志を継ぎました。
これは大きな違いです。
そもそもこの遺跡が、過去の錬金術士の善意なんですよね。
善意で作られたものを破壊することが、正しかったのか。
と、悩んでキースと真理を追究する旅に出ているわけですが。

管理人を改心させる事ができて、遺跡が本来の機能を取り戻す。
そう出来れば一番良いと思うのですが、無理なんですよね。
暴走した管理人は倒すしか無いっていうのがなんとも。
オディ―リアみたいに正常なら、機能もちゃんと働くというのに。

■ロジー

shari27.jpg

相変わらず格好良いロジーさん。
見た目だけじゃなく、中身もしっかりしていて頼りになる。
そして戦闘でも強い!
今回もソールのお手伝いで書類仕事ばかりしていましたね。

shari28.jpg

エスカとロジーのラブラブは大好きです。
もっとイチャついても良い。
元々エスロジ自体がそんな感じだったし、Plusは特にそうだったみたいだし。
後付けとは違うのだよ。
ロジーは黄昏シリーズのプレイアブルキャラの中では一番好きですね。

■リンカ

shari29.jpg

8人姉妹の7番目のリンカ。
前作、前々作のリンカは8番目の末っ子でした。
ちょっとだけお姉さんですね。
彼女たちの正体も明かされました。
ホムラと同じような存在ですが、それよりも上位クラスの存在。
普通では無いだろうなと思っていましたが、そう来たかーと。

shari30.jpg

とてもまじめだけど、前のリンカに比べると常識があります。
自分のしたい事も分かっているし、正体が判明してからも平常心を保っています。
結局、まったく会えなかったリンカがいるのは残念ですね。
3作で8人全員に会えるかなと思っていたので。

次でキャラ別感想ラストです。

シャリーのアトリエPlus(4):ミルカ・ソール・エスカ

キャラ別感想続きです。

『シャリーのアトリエPlus~黄昏の海の錬金術師~』のプレイ日記です。
ネタバレ注意。


■ミルカ

shari16.jpg

ユリエの妹ミルカ。
ロジーと同じ中央で新式の錬金術を学んだ錬金術士。
釜を使って錬金するアーシャ、エスカ、ステラ、ロッテのは古式の錬金術です。
難しいのは古式の方。
中央の環境に馴染めず、今はステラードでアトリエを営んでいます。

shari17.jpg

ロッテとは幼馴染。
シャリー達と同じぐらい自分がやりたい事に付いて考えていたと思います。
性格はクールで毒舌。
ただ、正しい事を言うので憎めない。
ロジーの考え方に共感したところは、すごく嬉しかったです。
中央にいた人全員が悪い人じゃないんだよ、と伝わったということですよね。


■ソール

shari18.jpg

エスロジから引き続き登場、戦う役人ソールさんです。
コルセイト支部から、ステラードに派遣されてきました。
支部長代理として、書類と戦う日々ですが調査にも一緒に行ってくれます。
この辺はPlusでの追加要素みたいですね。

shari19.jpg

ソールとホムンクルスの信頼は厚い。
攻撃も回復もすべてホムンクルスにお願いして行っています。

shari20.jpg

前作では父親との関係で戸惑っていたソールですが、重圧が減ったのでしょうか。
真面目なのは相変わらずですが、自分というものが沢山出ていたような気がします。
組合のラウルとの相性も良い感じでしたし、コルセイトよりも良い職場かもよ。

■エスカ

shari21.jpg

ソールと同様にステラードに派遣されてきた、役人かつ錬金術士。
こちらもPlusでは普通に仲間になります。
相変わらずホワホワしているエスカですが、結構成長していました。
お役所仕事は苦手そうですけどね。
ロジーと再会出来てすごく喜んでいて、こっちも嬉しくなりました。
可愛い、可愛い。

shari22.jpg

ロジー、何気にすぐにコルセイトに戻っていたみたいですね。
エスカは前作でフラメウの種を所持しています。
というか、コルセイトに置いてきたのをロジーが持ってきたのですけども。
このフラメウの種をどうするのかは、シャリー達が決めます。
2人は水の王の祭壇のあった所に埋める事にしました。
それが実を結んで良い方向に向かうと良いなと。

シャリーのアトリエPlus(3):ホムラ・コルテス・ユリエ

キャラ別感想続きです。

『シャリーのアトリエPlus~黄昏の海の錬金術師~』のプレイ日記です。
ネタバレ注意。

■ホムラ

shari10.jpg

見た目が超可愛いホムンクルスのトレジャーハンターです。
しゃべり方も声も本当に可愛い!
ソールのキラキラが大好きで、キースから逃げ回る。
本当に可愛かった。

shari11.jpg

性格は意外と男前なんですけどね。
いや、男前というよりもベテランのトレジャーハンターだからなのか。
転生を繰り返してはいますが、シャリー達よりもずっと長く生きています。
物語の中でホムンクルスの正体が判明しますが…。
名前のまま、でしたけどね。

■コルテス

shari12.jpg

シャリステラと共にステラードにやってくる青年。
ステラからは兄様と呼ばれている。
以前ステラードに暮らしていた事もあるうえに、そこそこ学もある。
ユリエとも交流があったと。
これだけ書くと面白そうな設定ですが、もうなんというか…。
存在感が薄くて、可哀そうなぐらいでした。
個別EDが無くて残念だったなぁ。

shari13.jpg

見た目もそこそこ良いんですけどね。
アーニーさんワイルド風。
あとドラゴンを狩るイベントがあります、
ユーリスと被ってる!
ソール、ロジー、キースと強敵が多すぎた感じもありますね。
もったいない。

■ユリエ

shari14.jpg

ユリエという名前がイケていないユリエさんです。
ちょっといきなり日本人っぽすぎて、え、この人ユリエさん?え?
となってしまいました。
全国のユリエさんごめんなさい。
でも、日本的な名前ですよね。
トレジャーハンターで、コルテスの知り合い。
見た目はワイルドですが、料理上手で書き物も才能がある。
妹のミルカを心配して、ずっと悩んでいます。

shari15.jpg

コルテス同様、存在感薄め。
それでもミルカのイベントがある分、少しはマシかな。
ステラ編では戦闘のレギュラーでした。
コルテスは違いました。
ゴメン…。