レヴナントサーガ(2):不吉な予感~悪魔の力

極力ネタバレを避けようとして失敗しています。ご注意。

『レヴナントサーガ』のプレイ日記です。
ネタバレ注意。
Vita配信版で、スマホ版未プレイです。
トロフィーに沿って感想を書いています。

■不吉な予感(オープニングが終了する)

rev06.jpg

世界に流行り病が蔓延し、アルベルトの幼馴染アンナの両親が倒れてしまいます。
その治療薬の実験の為にエーリヒ博士に協力したアルベルト。
実験が途中で中断されたことで、人間のまま体内に悪魔を宿したレヴナントとなってしまう。
レヴナントはレヴナントを殺すことは出来ないが、人間であるアルベルトには出来る。
行方不明になったアンナを探すため、アルベルトはレヴナントを倒しながら旅を続ける。

rev07.jpg

アルベルトが宿した悪魔はマグナエル。
性格は横柄ですが、根は良い奴です。
終盤にその正体が分かりますが、それなら性格良くて当然かという。

rev08.jpg

姿はこちらも終盤にちょこっとだけ出てきます。
なかなか可愛い見た目で、立ち絵が無いのが惜しい。
もっと出番があれば良かったのにな。

■復讐の旅(エステルと行動することとなる)

rev09.jpg

旅を始めて2年後。
アルベルトはある村の宿屋でエステルと出会う。
エステルはレヴナントと戦う力を持つワルキューレの見習い。
ワルキューレは神器と聖痕の力でレヴナントを浄化することが出来る。
教団はワルキューレによりレヴナントに抵抗していた。

rev10.jpg

今作のヒロイン…のようでヒロインではないエステルです。
そもそも恋愛要素は皆無なので、ヒロインとは言い切れないというか。
性格は最高に良くて、アルベルトの正体を知っても共に戦ってくれました。
さすがに仲間達が皆…となった時は一時離脱。
しかしそれも仲間を思っての事でして、本当に良い子。

途中でエステルはもしかしてあの人…?となりましたが。
結局その複線はどうなったんだっけ。
結論だけ言うと違うのですが、その辺ちょっと忘れてしまった。

■それぞれの目的(4人の仲間が揃う)

rev11.jpg

エステルと共に旅を続けて行く途中、ブルーノとユーリアが仲間になります。
仲間と言ってもそれぞれが隠し事を抱えています。

ブルーノは教団に所属し、神より授かった力でレヴナントを倒しています。
教団の教えを広めるために旅をしており、性格は冷静で真面目。
ただ真面目ながらも面白い部分もあり、最終的には良い奴です。
彼の正体はだいたい最初から察しがついていた通り。
あとからSS見直したら、そのままだったしね。

rev12.jpg

ブルーノには暴虐姫イゾルデがかかわってきます。
こちらもマグナエル同様、悪魔です。
途中からデレるのですが、ブルーノも大変だなぁという。
可愛らしくて結構好きですね。

rev13.jpg

ユーリアはレヴナントを生み出していたエーリヒ博士と深いかかわりがあります。
この2人の話はなかなか切ない。
無口キャラだからか心の声が( )で頻繁に呟かれます。
最初は利用してやろうだったのに、どんどん良い子に。

つまり4人とも良い子って事です。

■悪魔の力(アルベルトの秘密が仲間にバレてしまう)

rev14.jpg

ずっと隠していたマグナエルの事がバレてしまいます。
実はアルベルトよりも他の人達の方が秘密を抱えているのですが。

rev15.jpg

マグナエルが精神を支配すると見た目も変わります。
目が真っ赤に。
戦闘でマグナエルモードみたいなのがあっても良かったな。

続きます。
関連記事
スポンサーサイト


コメント


管理者のみに表示

トラックバック